このブログでは二次試験(事例Ⅲ/事例Ⅳ)についても説明していますので、参考としてください。

運営管理 ~R2-38 物流センター管理(15)物流センター運営~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







今回は、「運営管理 ~R2-38 物流センター管理(15)物流センター運営~」について説明します。

 

運営管理 ~令和2年度一次試験問題一覧~

令和2年度の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

 

ASN(Advanced Shipping Notice)

「ASN(Advanced Shipping Notice)」とは、供給者が商品を出荷する前に、納品先に「納品予定日」「発注番号」「商品コード」「数量」などの情報を通知する電子データ(事前出荷明細)のことをいいます。

供給者が商品を出荷する前に、納品先に「納品予定日」「発注番号」「商品コード」「数量」などの情報を通知すること、またはその仕組みのことを「ASN」ということもあります

 

納品先は、「ASN(事前出荷明細)」により、納品される商品の情報を事前に把握することができるため、検品作業を効率化したり、納品予定の商品を在庫として引き当てることができます

納品先では、1種類の商品を梱包した外箱に印字された「ITFシンボル」や、混載の場合に外箱に貼付された「SCMラベル」を、供給者から事前に受け取った「ASN(事前出荷明細)」と照合することで瞬時に検品することができます。

また、「通過型物流センター(TC)」において、ベンダーから入荷した貨物(商品)を、物流センターで開梱することなく、パレットやケース単位で仕分けてトラックの積み替えのみを行って出荷する「クロスドッキング」を運用する場合は、「ASN(事前出荷明細)」の活用が欠かせません

 

ピッキング

「ピッキング」とは、作業者(ピッカー)が、伝票や指示書にしたがって、保管場所から必要な商品を取り出す作業のことをいいます。

 

ピッキングの種類

「ピッキング」は、「トータルピッキング(種まき方式)」と「シングルピッキング(摘み取り方式)」の2種類の方法に分類されます。

 

 

トータルピッキング(種まき方式)

「トータルピッキング」とは、複数の出荷先からの出荷オーダーの商品をまとめてピッキング(取り出す)した後、個別の出荷オーダーごとに商品を仕分ける作業方法のことであり、「種まき方式」とも呼ばれています。

同一商品を何度もピッキングする無駄を省くことができるため作業員の移動距離を短くすることができるというメリットがありますが、商品の仕分け作業に熟練度を要するというデメリットもあります。

 

仕分け

「仕分け」とは、物品を品種別、送り先方面別、顧客別などに分ける作業のことをいいます。

 

シングルピッキング(摘み取り方式)

「シングルピッキング」とは、1つの出荷オーダーごとに保管場所から商品をピッキング(取り出す)する最も基本的な作業方法のことであり、「摘み取り方式」「オーダーピッキング」とも呼ばれています。

作業内容がシンプルのため作業精度を高く維持できるというメリットがありますが、同一商品を何度もピッキングするため作業員の移動距離が長くなるというデメリットもあります。

 

デジタルピッキング

「デジタルピッキング」とは、保管棚に取り付けたデジタル表示器の指示にしたがって、作業者が商品をピッキングする仕組みのことをいいます。

作業者はライトの付いた保管棚に行って、デジタル表示器に表示された数量をピッキングするため、商品知識が無くても正確に仕分け作業を実施することができます。

 

ピッキングカートシステム

「ピッキングカートシステム」とは、台車(カート)に表示された指示にしたがって、作業者が保管棚から商品をピッキングする仕組みのことをいいます。

 

プロセスセンター

「プロセスセンター」とは、スーパーマーケット業界において、商品の加工、値札付け、包装といった作業を一括して行う拠点のことをいい、主に生鮮食品などで導入されます。

「プロセスセンター」の導入目的は、外食産業における「セントラルキッチン」と同様に、店舗コストを削減することです。「プロセスセンター」で加工した商品を各店舗に配送するため、各店舗における作業を軽減して人員を削減したり、各店舗における調理場などのスペースを削減することができます

 

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【令和2年度 第38問】

物流センターの運営に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 

ア ASN(Advanced Shipping Notice)は、荷受側が商品の入荷前に作成する入荷情報のことである。
イ スーパーで主に利用されているプロセスセンターは、商品を加工し包装する物流施設である。
ウ トラック運転者が集品先または納品先の荷主の倉庫内で付帯作業を行うことは、法律で禁止されており、契約で定めてはならない。
エ ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合には、摘み取り方式ではなく種まき方式で行うのが一般的である。
オ 複数の取引先へ同時に出荷する商品が一度に入荷した場合、入荷時に検品すれば、出荷時の検品を省略することができる。

 

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

 

考え方と解答

物流センターの運営に関する知識を問う問題です。

 

(ア) 不適切です。

「ASN(Advanced Shipping Notice)」とは、供給者が商品を出荷する前に、納品先に「納品予定日」「発注番号」「商品コード」「数量」などの情報を通知する電子データ(事前出荷明細)のことをいいます。

 

したがって、ASN(Advanced Shipping Notice)は、荷受側が商品の入荷前に作成する入荷情報のことではなく、荷送側が商品の出荷前に作成して荷受側に通知する出荷情報のことであるため、選択肢の内容は不適切です

 

(イ) 適切です。

「プロセスセンター」とは、スーパーマーケット業界において、商品の加工、値札付け、包装といった作業を一括して行う拠点のことをいい、主に生鮮食品などで導入されます。

「プロセスセンター」の導入目的は、外食産業における「セントラルキッチン」と同様に、店舗コストを削減することです。「プロセスセンター」で加工した商品を各店舗に配送するため、各店舗における作業を軽減して人員を削減したり、各店舗における調理場などのスペースを削減することができます

 

したがって、スーパーで主に利用されているプロセスセンターは、商品を加工し包装する物流施設であるため、選択肢の内容は適切です

 

(ウ) 不適切です。

「国土交通省」が発行している「トラック運送業における下請・荷主適正取引推進ガイドライン」において、「トラック運送業において問題となる具体的行為類型」として以下の事例が記述されています。

 

  • 運送委託者は、運送受託者の運転手等に依頼し、契約で定められていない業務(発荷主・着荷主の倉庫内荷役、ピッキング、仕分け、清掃、検査・検収、ラベル貼り等)について、無償で実施させること(契約外の無償による附帯業務)
  • 運送受託者に対し、当該運送受託者に委託した取引とは関係のない貨物の積み下ろし作業をさせること

 

したがって、トラック運転者が集品先または納品先の荷主の倉庫内で付帯作業を行うことは、法律で禁止されておらず、契約で定められていれば、荷主の倉庫である集品先において貨物を積み込んだり、荷主の倉庫である納品先において貨物の積み下ろしを行うことができるため、選択肢の内容は不適切です

 

(エ) 不適切です。

「ピッキング」は、「トータルピッキング(種まき方式)」と「シングルピッキング(摘み取り方式)」の2種類の方法に分類されます。

 

 

「トータルピッキング」とは、複数の出荷先からの出荷オーダーの商品をまとめてピッキング(取り出す)した後、個別の出荷オーダーごとに商品を仕分ける作業方法のことであり、「種まき方式」とも呼ばれています。

「シングルピッキング」とは、1つの出荷オーダーごとに保管場所から商品をピッキング(取り出す)する最も基本的な作業方法のことであり、「摘み取り方式」「オーダーピッキング」とも呼ばれています。

 

ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合(多品種少量)は、商品をまとめてピッキングした後、個別の出荷オーダーごとに商品を仕分ける「種まき方式(トータルピッキング)」よりも、1つの出荷オーダーごとに保管場所から商品をピッキングする「摘み取り方式(シングルピッキング)」の方が効率的です。

 

したがって、ピッキングする商品品目数がオーダー数より多い場合には、「種まき方式(トータルピッキング)」ではなく「摘み取り方式(シングルピッキング)」で行うのが一般的であるため、選択肢の内容は不適切です

 

(オ) 不適切です。

検品とは、商品の入荷や出荷に際して、商品の品質、数量、状態に問題が無いかを確認することをいいます。

複数の取引先へ同時に出荷する商品を一度に入荷した場合、入荷時に検品しますが、その後、取引先ごとに商品を仕分ける作業が発生するため、出荷時にも検品が必要です。

 

仕分け

「仕分け」とは、物品を品種別、送り先方面別、顧客別などに分ける作業のことをいいます。

 

したがって、複数の取引先へ同時に出荷する商品が一度に入荷した場合、入荷時に検品しても、出荷時にも検品が必要であるため、選択肢の内容は不適切です

 

答えは(イ)です。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました