事例Ⅳの解説もいよいよ終盤です。今年は解説が遅くなり申し訳ありませんでした。
かなり時間をかけて考えたので良い出来になっていると思います。

事例Ⅳ ~令和2年度 解答例(6)(設備投資/ディシジョン・ツリー)~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







令和2年度の事例Ⅳの「第2問(設問2-c)」に関する解答例(案)を説明していきます。

私なりの思考ロジックに基づく解答例(案)を以下に説明しますので、参考としてもらえればと思います。

 

事例Ⅳ ~令和2年度試験問題一覧~

令和2年度のその他の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

 

第2問(設問2)

第2問(配点30点)

 

(設問2)

このステーキ店(同店に関連して所有する資産の帳簿価額は35百万円である)への対応を検討することとした。D社の取りうる選択肢は、①広告宣伝を実施したうえでそのままステーキ店の営業を続ける、②よりカジュアルなレストランへの業態転換をする、③即時閉店して所有する資産を売却処分する、という3つである。それぞれの選択肢について、D社の想定している状況は以下のとおりである。

 

  • 広告宣伝の契約は次期期首に締結し、当初契約は3年間である。広告料は総額15百万円であり、20X2年4月1日から、毎年4月1日に5百万円ずつ支払う。
  • 広告宣伝の効果が出る場合には毎年35百万円、効果が出ない場合には毎年△5百万円の営業キャッシュ・フロー(いずれも税引後の金額である。以下同様)を、契約期間中継続して見込んでいる。なお、この金額に広告料は含まない。
  • 効果が出る確率は70%と想定されている。
  • 効果が出る場合、広告宣伝の契約を2年間延長する。広告料は総額10百万円であり、毎年4月1日に5百万円ずつ支払う。延長後も広告宣伝の効果は出続け、営業キャッシュ・フローの見込み額は同額であるとする。その後、20X7年3月31日に閉店し、同日に、その時点で所有する資産の処分を予定している。資産の処分から得られるキャッシュ・フローは24百万円を予定している。
  • 効果が出ない場合、3年後の20X5年3月31日に閉店し、同日に、その時点で所有する資産の処分を予定している。資産の処分から得られるキャッシュ・フローは28百万円を予定している。
  • 業態転換のための改装工事契約を次期期首に締結し、同日から工事を行う。改装費用(資本的支出と考えられ、改装後、耐用年数を15年とする定額法によって減価償却を行う)は30百万円であり、20X2年4月1日に全額支払う。
  • 改装工事中(20X2年9月末日まで)は休店となる。
  • 改装後の営業が順調に推移した場合には毎年25百万円、そうでない場合には毎年15百万円の営業キャッシュ・フローを見込んでいる。ただし、営業期間の短い20X2年度は、いずれの場合も半額となる。
  • 改装後の初年度における営業キャッシュ・フローがその後も継続する。
  • 営業が順調に推移する確率を40%と見込んでいる。
  • いずれの場合も、5年後の20X7年3月31日に閉店し、同日に、その時点で所有する資産の処分を予定している。資産の処分から得られるキャッシュ・フローは27百万円を予定している。
  • 20X2年4月1日に、30百万円で処分する。

 

以上を基に、D社が次期期首に行うべき意思決定について、キャッシュ・フローの正味現在価値に基づいて検討することとした。①の場合の正味現在価値を(a)欄に、②の場合の正味現在価値を(b)欄に、3つの選択肢のうち最適な意思決定の番号を(c)欄に、それぞれ記入せよ。(a)欄と(b)欄については、(i)欄に計算過程を示し、(ii)欄に計算結果を小数点第3位を四捨五入して示すこと。

なお、将来のキャッシュ・フローを割り引く必要がある場合には、年8%を割引率として用いること。利子率8%のときの現価係数は以下のとおりである。

 

1年 2年 3年 4年 5年
現価係数 0.926 0.857 0.794 0.735 0.681

 

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

 

考え方(第2問 設問2-c)

2期連続で営業利益がマイナスとなったステーキ店の対応策を検討するため、以下3つの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値を比較して意思決定を行う問題です。

キャッシュ・フローの正味現在価値はその数値が大きいほど、より良い対応策であることを示しているため、D社は、それぞれの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値を比較して、その数値が最も高いものを最適な対応策として選択します

 

  1. 広告宣伝を実施したうえでそのままステーキ店の営業を続ける
  2. よりカジュアルなレストランへの業態転換をする
  3. 即時閉店して所有する資産を売却処分する

 

短い試験時間の中で、複数案のキャッシュ・フローの正味現在価値を算出しなければならないため、非常に難しい問題だと思います。

 

「第2問 設問2-a」と「第2問 設問2-b」において、「①広告宣伝を実施したうえでそのままステーキ店の営業を続ける場合」と「②よりカジュアルなレストランへの業態転換をする場合」のキャッシュ・フローの正味現在価値を算出しているため、「③即時閉店して所有する資産を売却処分する」についても、キャッシュ・フローの正味現在価値を確認します。

 

③即時閉店して所有する資産を売却処分する場合

「③即時閉店して所有する資産を売却処分する場合」のキャッシュ・フローの正味現在価値を算出します。

 

想定されている状況

「③即時閉店して所有する資産を売却処分する場合」に発生すると想定されているキャッシュ・フローは以下の通りです。

 

  1. 20X2年4月1日に、30百万円で処分する。

 

キャッシュ・フローの正味現在価値

「③即時閉店して所有する資産を売却処分する場合」のキャッシュ・フローを以下に図示します。
といっても、「20X2年4月1日に、30百万円で処分する」だけなので、キャッシュ・フローの正味現在価値も「30 百万円」となります。

 

 

  • 所有する資産の売却
    30 百万円 × 1 = 30 百万円
  • キャッシュ・フローの正味現在価値(合計)
    30 百万円

 

最適な対応策の選択

D社では、2期連続で営業利益がマイナスとなったステーキ店の対応策を検討するため、以下3つの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値を比較して意思決定を行います。

キャッシュ・フローの正味現在価値はその数値が大きいほど、より良い対応策であることを示しているため、D社は、それぞれの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値を比較して、その数値が最も高いものを最適な対応策として選択します

 

それぞれの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値は以下の通りです。

 

対応策 キャッシュ・フローの正味現在価値
92.81 百万円
55.46 百万円
30 百万円

 

したがって、それぞれの対応策によるキャッシュ・フローの正味現在価値を高い順番に並べると「①:92.81 百万円 > ②:55.46 百万円 > ③:30 百万円」となるため、D社が次期期首に行うべきとして選択する最適な対応策は「①広告宣伝を実施したうえでそのままステーキ店の営業を続ける」です。

 

解答(第2問 設問2-c)

キャッシュ・フローの正味現在価値に基づき、D社が次期期首に行うべきとして選択する「最適な意思決定の番号」は以下の通りです。

 

 


次回は、「事例Ⅳ ~令和2年度 解答例(7)(企業結合の会計処理)~」として「第3問(設問1)」について説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました