中小企業診断士受験に向けて、今の時期は財務会計にじっくりと取り組みましょう。

01_重要なポイント

01_重要なポイント

事例Ⅲ ~①重点ポイントの説明 生産管理~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく出題されている「生産管理」について説明します。 生産管理 「生産管理」とは、生産活動に関する「Q:品質」「C:コスト」「D:数量および納期」の最適化を図るため、「需要予測」「生産計画」「生産実施」「生産統制」を行うことをいいます。 生産管理の過去問題 「生産管理」に関する過去問題の解説記事を以下に示します。 本ブログでは、平成23年度以降の過去問題につ...
01_重要なポイント

事例Ⅲ ~④重点ポイントの説明 新規事業の開発~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく出題されている「新規事業の開発」について説明します。 新規事業の開発 「新規事業の開発」においては、計画段階では「自社の強みを生かせる事業であること」と「市場の調査・分析による需要予測」、実行段階では「計画的かつ段階的に進めていくこと」が重要なポイントです。 「新規事業の開発」といっても、いろいろなパターンが考えられるので、「新規事業の種類」「新規事業の開発体制」「新...
01_重要なポイント

事例Ⅲ ~②重点ポイントの説明 見込生産と受注生産~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく題材となっている「見込生産と受注生産」について説明します。 見込生産と受注生産 「見込生産と受注生産」は、試験問題で問われるというよりも、事例Ⅲの与件文を読むための常識として理解しておく必要があります。 「常識として」ということは、与件文を読んだときに「この企業は受注生産の生産形態を採用しているから。。。」という風に考えるのではなく、受注生産を採用している場合の重...
01_重要なポイント

事例Ⅲ ~⑥重点ポイントの説明 在庫管理~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく出題されている「在庫管理」について説明します。 在庫管理 「在庫管理」は「生産統制(現品管理)」で管理される項目ですが、「在庫管理」として解答を求められることが多いため、独立した項目として説明します。 「在庫管理」のポイントは、営業が入手する需要予測または受注情報に基づき、製品ごとに適正な在庫水準を設定して、生産量と出荷量のバランスを取りながら、適正な在庫水準を維...
01_重要なポイント

事例Ⅲ ~⑤重点ポイントの説明 取引先との関係強化~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく出題されている「取引先との関係強化」について説明します。 取引先との関係強化 取引先と言っても色々あります。例として、自社の製品やサービスを提供している主要顧客であったり、過去に製品やサービスを共同開発したことのある企業や大学といった研究機関などが挙げられます いずれにしても、既に取引があり信頼関係が構築されている取引先は、企業にとって重要な経営資源であり、収益を...
01_重要なポイント

事例Ⅲ ~③重点ポイントの説明 標準化とマニュアル化~

今回は、中小企業診断士の二次試験(事例Ⅲ)において、よく出題されている「標準化とマニュアル化」について説明します。 作業の標準化・マニュアル化・教育の実施 「作業の標準化・マニュアル化・教育の実施」は、生産現場の作業手順を統一化することによって、作業品質の安定(Q)、生産コストの低減(C)、生産リードタイムの短縮(D)を実現します。 標準化とマニュアル化の過去問題 「標準化とマニュアル化」に関する...
タイトルとURLをコピーしました