このブログでは二次試験(事例Ⅲ/事例Ⅳ)についても説明していますので、参考としてください。

運営管理 ~R3-14 分析手法(1)流動数分析~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







今回は、「運営管理 ~R3-14 分析手法(1)流動数分析~」について説明します。

 

運営管理 ~令和3年度一次試験問題一覧~

令和3年度の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

  • 運営管理 ~令和3年度一次試験問題一覧~

 

物の流れ(資材・在庫・運搬)の管理 -リンク-

本ブログにて、「物の流れ(資材・在庫・運搬)の管理」の「流動数分析」について説明しているページを以下に示しますのでアクセスしてみてください。

 

 

流動数分析

「流動数分析」とは、横軸に時間、縦軸に累計数量を描いた「流動数曲線」を用いて進捗状況を分析する方法のことをいいます。

「流動数曲線」は「累計流入曲線」と「累計流出曲線」の2種類で構成され、「累計流入曲線」の方が「累計流出曲線」と同じか上方に描画されます。

「流動数分析」は、「生産活動における工程間の進捗管理」「見込生産における余剰在庫の分析」「受注生産における受注から納品までの期間の分析」「売上金額と回収金額の分析」などに用いられます。

 

流動数分析(見込生産/受注生産)

 

生産活動における工程間の進捗管理

生産活動における工程間の進捗管理に「流動数分析」を用いる場合、「累計流入曲線」においては縦軸に前工程から受け入れた材料や仕掛品の累計数量を、「累計流出曲線」においては縦軸に次工程に引き渡した仕掛品や製品の累計数量を描画します。

 

生産活動における工程間の進捗管理

 

「累計流入曲線」と「累計流出曲線」の縦軸(累計数量)の差分は、自工程に停滞している仕掛品の在庫量を表しており、横軸(時間)の差分は、前工程から仕掛品を受け入れてから、次工程に引き渡すまでの所要時間を表しています。

 

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【令和3年度 第14問】

流動数分析に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

a 流動数図表では、横軸は累積量である。
b 流動数図表では、縦軸は経過時間である。
c 累積流入量は常に累積流出量以上である。
d 流動数分析は見込生産と受注生産のいずれでも使える。

 

[解答群]

ア a:正 b:正 c:誤 d:誤
イ a:正 b:誤 c:正 d:誤
ウ a:誤 b:正 c:誤 d:正
エ a:誤 b:誤 c:正 d:正
オ a:誤 b:誤 c:正 d:誤

 

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

 

考え方と解答

「流動数分析」に関する知識を問う問題です。

 

「流動数分析」とは、横軸に時間、縦軸に累計数量を描いた「流動数曲線」を用いて進捗状況を分析する方法のことをいいます。

「流動数曲線」は「累計流入曲線」と「累計流出曲線」の2種類で構成され、「累計流入曲線」の方が「累計流出曲線」と同じか上方に描画されます。

「流動数分析」は、「生産活動における工程間の進捗管理」「見込生産における余剰在庫の分析」「受注生産における受注から納品までの期間の分析」「売上金額と回収金額の分析」などに用いられます。

 

(a) 不適切です。

「流動数分析」とは、横軸に時間、縦軸に累計数量を描いた「流動数曲線」を用いて進捗状況を分析する方法のことをいいます。

 

したがって、流動数図表では、横軸は累積量ではなく経過時間であるため、選択肢の内容は不適切です

 

(b) 不適切です。

「流動数分析」とは、横軸に時間、縦軸に累計数量を描いた「流動数曲線」を用いて進捗状況を分析する方法のことをいいます。

 

したがって、流動数図表では、縦軸は経過時間ではなく累積量であるため、選択肢の内容は不適切です

 

(c) 適切です。

「流動数曲線」は「累計流入曲線」と「累計流出曲線」の2種類で構成され、「累計流入曲線」の方が「累計流出曲線」と同じか上方に描画されます。

 

したがって、累積流入量は常に累積流出量以上であるため、選択肢の内容は適切です

 

(d) 適切です。

「流動数分析」は、「生産活動における工程間の進捗管理」「見込生産における余剰在庫の分析」「受注生産における受注から納品までの期間の分析」「売上金額と回収金額の分析」などに用いられます。

 

流動数分析(見込生産/受注生産)

 

したがって、流動数分析は見込生産と受注生産のいずれでも使えるため、選択肢の内容は適切です

 

「a:誤 b:誤 c:正 d:正」であるため、答えは(エ)です。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました