事例Ⅳ ~平成30年度 解答例(6)(予想損益計算書の作成)~

シェアしてもらえたらうれしいです!

見出し


にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた方は、以下のボタンをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ


平成30年度の事例Ⅳに関する解答例(案)を説明していきます。

私なりの思考ロジックに基づく解答例(案)を以下に説明しますので、参考としてもらえればと思います。

事例Ⅳ ~平成30年度試験問題一覧~

平成30年度のその他の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

第3問(設問1)

第3問(配点30点)

D社は営業拠点として、地方別に計3カ所の支店または営業所を中核となる大都市に開設している。広域にビジネスを展開している多くの顧客企業による業務委託の要望に応えるために、D社はこれまで営業拠点がない地方に営業所を1カ所新たに開設する予定である。

今年度の売上原価と販売費及び一般管理費の内訳は次のとおりである。以下の設問に答えよ。

(単位:百万円)


売上原価 1,014
外注費 782
その他 232
販売費及び一般管理費 33
1,047


売上原価 126
販売費及び一般管理費 312
支店・営業所個別費 99
給料及び手当 79
賃借料 16
その他 4
本社費・共通費 213
438

(設問1)

来年度は外注費が7%上昇すると予測される。また、営業所の開設により売上高が550百万円、固定費が34百万円増加すると予測される。その他の事項に関しては、今年度と同様であるとする。
予測される以下の数値を求め、その値を(a)欄に、計算過程を(b)欄に記入せよ。
①変動費率(小数点第3位を四捨五入すること)
②営業利益(百万円未満を四捨五入すること)

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

考え方(設問1)

「外注費(変動費)の上昇」や「営業所の開設による売上高や固定費の増加」といった予測に基づき、来年度の「変動費率」と「営業利益」を算出していきます。

あまり難しい問題ではなりませんが、来年度の売上高が増加すると、今年度の「変動費率」をベースとして、来年度の「変動費」が増加するという点に注意する必要があります。

売上高

「売上高」については、営業所の開設により「550百万円」増加すると予測されています。

(単位:百万円)
今年度(実績) 来年度(予測)
売上高 1,503 2,053

変動費

変動費については、外注費が7%上昇すると予測されており、それ以外の項目については特に記述されていませんが、それ以外の科目についても売上高の増減に合わせて変動するため、各科目ごとに考えていきます。

売上原価

「売上原価」は「外注費」と「その他」の科目に区分されています。

外注費

来年度の外注費は、今年度と比較して7%上昇します。

  • 外注費(来年度)
    = 売上高(来年度)× 変動費率(今年度)× 7%上昇(来年度予測)
    =売上高(来年度)× 外注費(今年度)÷ 売上高(今年度)× 7%上昇(来年度予測)

その他
  • その他(来年度)
    = 売上高(来年度)× 変動費率(今年度)
    = 売上高(来年度)× その他(今年度)÷ 売上高(今年度)

販売費及び一般管理費
  • 販売費及び一般管理費(来年度)
    = 売上高(来年度)× 変動費率(今年度)
    = 売上高(来年度)× 販売費及び一般管理費(今年度)÷ 売上高(今年度)

変動費全体

実際に計算する際には、各科目ごとで計算すると端数処理の関係で数値がずれてくる可能性があるので、全体をまとめて計算します。

  • 変動費(来年度)
    =( 外注費(今年度)× 7%上昇(来年度予測) + その他(今年度)+ 販売費及び一般管理費(今年度))÷ 売上高(今年度)× 売上高(来年度)
    =( 782百万円 × 1.07 + 232百万円 + 33百万円 )÷ 1,503 百万円 × 2,053百万円
    = 1504.9050・・・百万円 ≒ 1504.91 百万円(小数点第3位を四捨五入)

参考ですが、今年度と来年度の変動費は以下の通りとなります。

(単位:百万円)
今年度(実績) 来年度(予測)


売上原価 1,014 1,459.83
外注費 782 1,142.93
その他 232 316.90
販売費及び一般管理費 33 45.08
1,047 1,504.91

固定費

「固定費」については、営業所の開設により「34百万円」増加すると予測されています。

「変動費」については「外注費」などの各科目ごとに金額を算出しましたが、「固定費」については、全体で「34百万円」増加すると記述されているため、各項目に分割して算出する必要はありません

(単位:百万円)
今年度(実績) 来年度(予測)
固定費 438 472

変動費率の算出

「変動費(来年度)」の算出式が若干厄介ですが、「変動費率(来年度)」の算出式を以下に示します。

  • 変動費(来年度)
    =( 外注費(今年度)× 7%上昇(来年度予測) + その他(今年度)+ 販売費及び一般管理費(今年度))÷ 売上高(今年度)× 売上高(来年度)
    =( 782百万円 × 1.07 + 232百万円 + 33百万円 )÷ 1,503 百万円 × 2,053百万円
    = 1,504.9050・・・百万円 ≒ 1,504.91 百万円(小数点第3位を四捨五入)

  • 変動費率(来年度)
    変動費(来年度) ÷ 売上高(来年度)
    = 1,504.91 百万円 ÷ 2,053 百万円 × 100%
    = 73.3029・・・% ≒ 73.30%(小数点第3位を四捨五入)

営業利益の算出

「営業利益(来年度)」の算出式を以下に示します。

  • 営業利益(来年度)
    売上高(来年度)- 変動費(来年度)- 固定費(来年度)
    = 2,053 百万円 - 1,504.91 百万円 - 472 百万円
    = 76.09 百万円 ≒ 76 百万円(百万円未満を四捨五入)

損益計算書(参考)

参考として、「今年度(実績)」と「来年度(営業所を開設した場合の予測値)」の損益計算書を以下に示します。

(単位:百万円)
今年度(実績) 来年度(予測) 備考欄
売上高 1,503.00 2,053.00 550百万円増加


売上原価 1,014.00 1,459.83
外注費 782.00 1,142.93 7%UP
その他 232.00 316.90
販売費及び一般管理費 33.00 45.08
1,047.00 1,504.91
固定費 438.00 472.00 34百万円増加
営業利益 18.00 76.09

解答(設問1)

来年度の「変動費率」と「営業利益」は以下の通りです。

(a) (b)
73.30% 変動費 =( 外注費:782百万円 × 1.07 + その他:232百万円 + 販売費及び一般管理費:33百万円 )÷ 売上高(今年度):1,503 百万円 × 売上高(来年度):2,053百万円 = 1,504.9050・・・百万円 ≒ 1,504.91 百万円
変動費率 = 変動費 ÷ 売上高= 1,504.91 百万円 ÷ 2,053 百万円 × 100% = 73.3029・・・% ≒ 73.30%(小数点第3位を四捨五入)
76 百万円 営業利益 = 売上高:2,053 百万円 - 変動費:1,504.91 百万円 - 固定費:472 百万円 = 76.09 百万円 ≒ 76 百万円(百万円未満を四捨五入)


明日も、引き続き「事例Ⅳ ~平成30年度 解答例(7)(営業レバレッジ)~」として「第3問(設問2)」について説明します。

シェアしてもらえたらうれしいです!