中小企業診断士受験に向けて、今の時期は財務会計にじっくりと取り組みましょう。

事例Ⅳ ~キャッシュ・フロー計算書(2)(営業CF-その1)~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







今回は、「キャッシュ・フロー計算書(2)(営業活動によるキャッシュ・フロー)」について説明します。

 

キャッシュ・フロー計算書

「キャッシュ・フロー計算書」に関連する記事は、以下のページに整理しています。

 

営業活動によるCF

営業活動によるキャッシュ・フローは、企業が本来の営業活動によってどれだけの現金を稼いだかを表しているため「プラス」であるべきです。

仮に、営業活動によるキャッシュ・フローが「マイナス」となっている場合は、企業活動を継続するための資金が減少しており、金融機関からの借入金等により経営を継続している状況となっていることを示しているため、早期に改善しないと資金が枯渇してしまい、倒産に追い込まれてしまいます。

 

営業活動によるCFに区分される項目

営業活動によるキャッシュ・フローに区分される主な項目は以下の通りです。

  • 商品及び役務の販売による収入
  • 原材料、商品及び役務の購入による支出
  • 人件費支出
  • その他の営業支出
  • 投資活動や財務活動に該当しないキャッシュフロー
    (災害による保険金収入、損害賠償金の支払額、法人税等の支払額など)

 

営業活動によるCFの表示方法

営業活動によるキャッシュ・フローの表示方法には、「直接法」と「間接法」の2種類の方法があり、継続適用することを条件に選択適用が認められています

「間接法」は企業の経営分析に利用しやすいというメリットがあるため、中小企業診断士の試験で頻繁に出題される「間接法」についてのみ紹介することとします。

 

営業活動によるCF(間接法)の算出方法

「間接法」では、損益計算書の「税引前当期純利益」に「Step1.非資金損益項目の調整」「Step2.営業外損益と特別損益の調整」「Step3.営業活動に関連する資産と負債の増減に関する調整」を行って「小計」を算出します。
その後、「Step4.投資活動や財務活動に該当しないキャッシュ・フローの調整」を行って「営業活動によるキャッシュ・フロー」を算出します。

一次試験では「営業活動に関連する資産(売上債権、棚卸資産)および負債(仕入債務)の増減により営業キャッシュ・フローが増えるのか、減るのか」という観点で出題されることが多いですが、二次試験(事例Ⅳ)では「財務諸表から営業活動によるキャッシュ・フローそのものを算出して問題点を指摘すること」が出題されます。

 

【営業活動によるキャッシュ・フロー】

 

表中の「加減算」欄の見方は以下の通りです。

 

 

小計の上下に記載される金額の違いについて

「間接法」で営業活動によるキャッシュ・フローを算出するにあたって、「小計」より上に記載されている金額の算出と下に記載されている金額の算出方法が異なります

 

 

例えば、「Step2.営業外損益と特別損益の調整」と「Step4.投資活動や財務活動に該当しないキャッシュ・フローの調整」の両方に「支払利息」に関する項目が表示される場合、「Step2」と「Step4」の金額が一致しないことがあります。

これは、「Step2」は損益計算書に記載されている金額をそのまま記載し、「Step4」は貸借対照表に計上されている未払利息や前払利息の金額から、今年度に実際に支払った金額を計算して記載するためです。

 


明日も、引き続き「キャッシュ・フロー計算書(3)(営業活動によるキャッシュ・フロー)」について説明します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました