このブログでは二次試験(事例Ⅲ/事例Ⅳ)についても説明していますので、参考としてください。

事例Ⅳ ~令和元年度 解答例(1)(経営分析)~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







令和元年度の事例Ⅳの「第1問」に関する解答例(案)を説明していきます。

私なりの思考ロジックに基づく解答例(案)を以下に説明しますので、参考としてもらえればと思います。

 

事例Ⅳ ~令和元年度試験問題一覧~

令和元年度のその他の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

 

経営分析

「経営分析」では、企業の財務諸表に基づき、その企業の経営状況を定量的に分析していきます。定量的に分析して企業の経営状況を正確に把握することによって、経営者が意思決定を行うための情報を提供することを目的としています。

 

第1問

与件文と財務諸表に基づき、経営分析を行う問題です。

第1問(配点25点)

 

(設問1)

D社の前期および当期の連結財務諸表を用いて比率分析を行い、前期と比較した場合のD社の財務指標のうち、①悪化していると思われるものを2つ、②改善していると思われるものを1つ取り上げ、それぞれについて、名称を(a)欄に、当期の連結財務諸表をもとに計算した財務指標の値を(b)欄に記入せよ。なお、(b)欄の値については、小数点第3位を四捨五入し、カッコ内に単位を明記すること。

 

(設問2)

D社の当期の財政状態および経営成績について、前期と比較した場合の特徴を50字以内で述べよ。

 

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

 

第1問(設問1)

Step1.条件の確認

経営分析を始める前に、問題の条件を確認しておきます。

 

  1. 比較対象:D社の前期と当期の連結財務諸表を比較
  2. 財務指標:改善していると思われる財務指標を1つ、悪化していると思われる財務指標を2つ
  3. 有効数字:小数点第3位を四捨五入

 

「悪化していると思われる財務指標」を「2つ」、「改善していると思われる財務指標」を「1つ」、解答するよう求められていますので、「収益性」「効率性」「安全性」の3つの観点からそれぞれ1つずつ、「合計3つ」の財務指標を選択します。

 

Step2.問題で与えられたデータに基づく予想

与件文と財務諸表を読み込み、対象となる企業の状況を把握して、選択する財務指標をある程度予想します。
ここではあくまで選択する財務指標を予想するだけで「Step3」で予想が正しいかを検証する必要があります。

 

与件文で気になる点(定性情報)
  1. 販売状況
    • 建材事業部においては、地域における住宅着工戸数が順調に推移しているため受注が増加している。
    • 近年、同事業部(マーケット事業部)の業績は低下傾向であり、とくに、当期は一部の分譲住宅の販売が滞ったことから事業部の損益は赤字となった。
    • 同事業部(不動産事業部)は本社所在地域においてマンション等の複数の物件を所有し賃貸しており、それによって得られる収入はかなり安定的で、全社的な利益の確保に貢献している。
  2. 生産状況
    • 建材事業部においては、円安や自然災害による建材の価格高騰などによって業績は低迷している。
    • また、建材配送の小口化による配送コストの増大や非効率な建材調達・在庫保有が恒常的な収益性の低下を招いていると認識している。
  3. 今後の展開
    • 建材事業部においては、現在、よりタイムリーな建材配送を実現するため、取引先の了解を得て、受発注のみならず在庫情報についてもEDI(Electronic Data Interchange、電子データ交換)を導入することによって情報を共有することを検討中である。
    • 経営者は、この事業部(マーケット事業部)について、多様な広告媒体を利用した販売促進の必要性を感じているだけでなく、新規事業開発によってテコ入れを図ることを検討中である。

 

連結財務諸表で気になる点(定量情報)

前期と今期の連結財務諸表を比較した場合の特徴を以下に示します。

 

  1. 連結貸借対照表
    • 「現金預金」が微減している。
    • 「売上債権」が微増している。
    • 「棚卸資産」が増加している。
    • 「有形固定資産」が微減している。
    • 「仕入債務」が増加している。
    • 「短期借入金」が増加している。
    • 「長期借入金」が減少している。
  2. 連結損益計算書
    • 「売上高」と同じくらい「売上原価」が増加している。
    • 「販売費及び一般管理費」が増加している。
    • 「特別損失」が増加している。

 

この時点での予想

ここまで見た段階で、ある程度予想してみます。
ただし、あくまで予想なので、実際に「財務指標」を算出して、自分の予想が正しいかを検証する必要があります。

  1. 収益性
    • 建材事業部の受注増加により売上高は増加しているが、建材事業部における円安や自然災害による建材の価格高騰や建材配送の小口化による配送コストの増大や非効率な建材調達・在庫保有によって売上原価が増加していると想定されるため、「売上高売上原価比率」と「売上高総利益率」が悪化していると想定される。(売上高売上原価比率:×/売上高総利益率:×)
    • 「販売費及び一般管理費」が増加しているが、与件文を読む限りではその理由は明確に記載されていない。(売上高販管費比率:×)
    • 「特別損失」が増加しているが、与件文を読む限りではその理由は明確に記載されていない。(売上高税引前当期純利益率:×)
  2. 効率性
    • 「売上債権」が微増しているが「売上高」も増加しているため、「売上債権回転率」を算出してみないとよく分からない。(売上債権回転率:?)
    • 建材配送の小口化による配送コストの増大や非効率な建材調達・在庫保有により、「棚卸資産」が増加していることから、「棚卸資産回転率」が悪化していると想定される。(棚卸資産回転率:×)
    • 「売上高」は増加しているが「有形固定資産」が微減しているため、投資効率が改善されていると想定される。(有形固定資産回転率:○)
  3. 安全性
    • 円安や自然災害による建材の価格高騰や建材配送の小口化による配送コストの増大や非効率な建材調達・在庫保有により、「棚卸資産」「仕入債務」「短期借入金」が増加しており「現金預金」が微減していることから、「短期安全性」が悪化していると想定される。(流動比率:×/当座比率:×)
    • 「長期借入金」が減少しているが、それ以上に「仕入債務」「短期借入金」が増加しているため、「資本調達構造」が悪化していると想定される。(自己資本比率:×/負債比率:×)

 

Step3.財務諸表の数値分析(財務指標の絞り込み)

収益性
財務指標一覧(収益性)

収益性の財務指標を以下に示します。

財務指標(収益性) 前期 当期 比較
売上高売上原価比率 80.90% 83.24% ×
売上高総利益率 19.10% 16.76% ×
売上高販管費比率 15.69% 15.78% ×
売上高営業利益率 3.41% 0.98% ×
売上高営業外費用比率 0.81% 0.66%
売上高経常利益率 3.54% 1.42% ×
売上高税引前当期純利益率 3.43% 0.66% ×
売上高当期純利益率 1.81% 0.50% ×
総資本経常利益率 2.65% 1.03% ×
考察
  • 「売上高売上原価比率」と「売上高総利益率」は悪化しているが、これは、建材事業部において、円安や自然災害による建材の価格高騰などによって業績は低迷していること、および建材配送の小口化による配送コストの増大や非効率な建材調達・在庫保有が恒常的な収益性の低下を招いているという与件文の記載と一致している。
    また、セグメントにより状況は異なってはいるが、建材事業部においては、今後の需要の減少は見込まれているものの、当期における受注は増加していると記載されている
    さらに、第2問において各セグメントの収支状況が記載されており、D社全体の中で建材事業部の売上比率が90%を占めていることを加味すると、建材事業部において当期における受注が増加したことにより、D社全体の当期売上も増加したということになる。
    したがって、前期と比較して「売上高売上原価比率」と「売上高総利益率」の数値が悪化したのは「売上高」が伸びなかったからではなく「売上原価」が増加したことが原因であると判断することができるため、「売上高総利益率」ではなく「売上高売上原価比率」を「悪化していると思われる財務指標」として選択する。
  • 「売上高販管費比率」も悪化してはいるが「売上高売上原価比率」の悪化度合と比較するとその程度は軽微であり、与件文にもその理由が明確に記載されていないため、選択候補とはしない。
  • 「売上高営業利益率」や「売上高経常利益率」や「総資本経常利益率」も悪化しているが、その原因が「売上原価」の増加によることは明確であるため、「売上高営業利益率」や「売上高経常利益率」や「総資本経常利益率」は選択しない。(経常利益に関する財務指標を選択するのは、売上総利益・営業利益・経常利益の全ての数値が悪く、財務諸表や与件文に収益性に関する特徴が見当たらない場合である。
  • 「特別損失」の増加により、「売上高税引前当期純利益率」や「売上高当期純利益率」も悪化しているが、与件文にもその理由が明確に記載されていないため、選択候補とはしない。
  • また、今回の問題では「改善していると思われる財務指標」についても取り上げる必要があるため、収益性の財務指標の中で唯一数値が改善している「売上高営業外費用比率」についても「改善していると思われる財務指標」の候補として残すべきか考えてみる。
    「借入金」が増加すると「支払利息(営業外費用)」も増加するため「売上高営業外費用比率」の数値が悪化する。逆に「借入金」が減少すると「支払利息(営業外費用)」も減少するため「売上高営業外費用比率」の数値が改善する。
    D社では「長期借入金」の減少以上に「短期借入金」が増加しており、結果として「借入金」は増加している。「借入金」が増加しているのであれば「支払利息(営業外費用)」が増加するはずであるが、連結財務諸表を見る限りでは減少している。その結果、D社の「売上高営業外費用比率」は改善されており、つじつまが合わない。推測するに、前期の「営業外費用」が「支払利息」以外の理由で高くなっていたのではないかと考えられる。(もしくは当期借入金の金利が低くなったとも考えられる)
    与件文において、このような記載は見当たらず、その理由が説明できないため、「売上高営業外費用比率」は選択候補としない。

 

検討結果

悪化していると思われる財務指標として「売上高売上原価比率」を選択する。

 


明日も引き続き、「事例Ⅳ ~令和元年度 解答例(2)(経営分析)~」として、「第1問」の続きを説明していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました