財務・会計 ~差額原価収益分析(1)~

シェアしてもらえたらうれしいです!

見出し


にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた方は、以下のボタンをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ


今回は、「差額原価収益分析(1)」について説明します。

差額原価収益分析

差額原価収益分析とは意思決定モデルのひとつであり、比較的短期間の意思決定に用いられます。例えば、悪条件の注文に対して応じるべきか検討したり、収益性の低い製品の生産を中止すべきかを検討したり、ある部品の生産を内製すべきか外注すべきかを検討したりするケースなどが考えられます。

代替案を採用した場合に発生する「差額収益」と「差額原価」から「差額利益」を求め、「差額利益」が得られる場合は代替案を採用します。

ポイントは、差額原価を計算する際に「いずれの代替案を採用しても発生する原価(埋没原価)」と「特定の代替案を採用することにより発生する追加原価(差額原価)」を正確に見極めることです。

埋没原価(サンクコスト)

複数の代替案からいずれの案を採用しても影響を受けずに発生する原価のことをいいます。

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【平成26年度 第12問】

X製品の需要が高まっているため、遊休機械設備を利用して月間1,200個増産することを検討中である。以下の資料に基づいて、増産によって得られる追加的な利益として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

【資料】

  • 遊休機械設備に関するデータ
    月間減価償却費は500,000円であり、増産した場合には月間メンテナンス費用が追加的に120,000円かかる。
  • X 製品に関するデータ
    X製品の販売価格は2,000円であり、単位当たり変動費は1,500円である。また、減価償却費以外の固定費が月間250,000円発生すると予測されるが、このうち60%は増産による追加的なコストである。

[解答群]

ア -170,000 円
イ  330,000 円
ウ  450,000 円
エ  480,000 円

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

考え方と解答

遊休機械設備を利用してX製品を増産した場合に得られる追加的な利益(差額利益)を求める「差額原価収益分析」に関する問題です。

ポイントは「増産しなくても発生する原価(埋没原価)」と「増産することで発生する追加原価(差額原価)」を正確に見極めることです。

売上高

遊休機械設備を利用してX製品を月間1,200個増産した場合に得られる売上高(差額収益)は以下の通りです。

  • 販売価格(2,000円)× 販売数量(1,200個)= 売上高(2,400,000)

変動費

遊休機械設備を利用してX製品を月間1,200個増産した場合に発生する変動費(差額原価)は以下の通りです。

  • 単位当たり変動費(1,500円)× 販売数量(1,200個)= 売上高(1,800,000)

固定費

固定費については、「増産しなくても発生する原価(埋没原価)」と「増産することで発生する追加原価(差額原価)」を正確に見極める必要があります。

遊休機械設備を利用してX製品を月間1,200個増産した場合の追加利益(差額利益)の計算には「増産することで発生する追加原価(差額原価)」を使用します。

増産しなくても発生する原価(埋没原価)
遊休機械設備に関するデータ 月間減価償却費 500,000円
X製品に関するデータ 減価償却費以外の固定費 100,000円
(250,000円×40%)

増産することで発生する追加原価(差額原価)
遊休機械設備に関するデータ 月間メンテナンス費用 120,000円
X製品に関するデータ 減価償却費以外の固定費 150,000円
(250,000円×60%)

差額利益の計算

  • 差額利益 = 差額収益 - 差額原価(変動費) - 差額原価(固定費)
    2,400,000 - 1,800,000 -(120,000円+150,000円)= 330,000円

答えは(イ)です。


シェアしてもらえたらうれしいです!