令和2年度の運営管理の1次試験について解説しています。

運営管理 ~R2-40 物流情報システム(9)GS1標準データキャリア~

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた場合は、以下のボタンをクリックいただけると、また頑張ることができます。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ







今回は、「運営管理 ~R2-40 物流情報システム(9)GS1標準データキャリア~」について説明します。

 

運営管理 ~令和2年度一次試験問題一覧~

令和2年度の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

 

GS1

「GS1」とは、世界の流通情報に関する標準化を推進する国際的な組織であり、「国際EAN協会」と「米UCC」が合併して2005年に発足しました。

ベルギーのブリュッセルに本部が設置され、世界110カ国以上の国や地域が加盟しています。

日本では「一般財団法人 流通システム開発センター(流通システム標準普及推進協議会)」が「GS1 Japan」として加盟しています。

 

GS1標準データキャリア

「データキャリア」とは、機械で読み取ることができる形式で表示したコードのことをいいます。

「データキャリア」には、商品などに印刷された情報をリーダーで読み取る「バーコード(一次元シンボル/二次元シンボル)」と、ICチップに書き込まれた情報を無線通信で読み取る「電子タグ(ICタグ/RFID)」があり、サプライチェーンの効率化を目的として「GS1」が標準化を進めています。

 

識別情報

「データキャリア」に書き込まれる識別情報には「GS1識別コード」「属性情報」があります。

 

GS1識別コード

「GS1識別コード」には、「商品やサービス」を識別する「GTIN」、「企業や事業所」を識別する「GLN」、「通い箱/通い容器」を識別する「GRAI」など用途に応じた識別コードがあります。

 

GTIN(Global Trade Item Number)

「GTIN」は、GS1が推進する国際標準の「商品識別コード」であり、ハイフン以降の数字は、その桁数を表しています。

一般的には、「バーコード」と呼ばれていますが、「どの事業者のどの商品またはサービスか」を識別することができるため、「小売業」では、POS システムを使った精算業務、受発注業務、在庫管理などで活用され、また「物流センター」では、入出庫管理、仕分け、棚卸、在庫管理などで活用されています。

 

「GTIN」のコード体系

 

GLN(Global Location Number)

「GLN」は、GS1 が制定した国際標準の「企業・事業所識別コード」 であり、以下の3つの情報で構成された「13桁」の数字です。国内に限らず世界において企業や事業所等を一意に識別することができるため、EDI(企業間電子データ交換)で活用されています。

 

  • GS1事業者コード(9桁/7桁)
  • ロケーションコード(3桁/5桁)
  • チェックデジット(1桁)

 

GRAI(Global Returnable Asset Identifier)

「GRAI」は、GS1 が制定した国際標準の「リターナブル容器識別番号」であり、以下の情報で構成された「最大30桁」の数字です。パレット、オリコン、カゴ車、コンテナなど、企業間で繰り返し使用する資産(通い箱/通い容器)を管理するために活用されており、資産追跡やメンテナンス管理の向上などを実現することができます。

 

  • 備品コード(14桁/必須)
    • 固定値:0(1桁)
    • GS1事業者コード(9桁/7桁)
    • 資産種別コード(3桁/5桁)
    • チェックデジット(1桁)
  • シリアルナンバー(最大16桁/任意)

 

属性情報

「属性情報」には、製造年月日、品質保持期限日、ロット番号、シリアル番号など商品やサービス等に関連する様々な情報が含まれます。

情報の先頭に「GS1アプリケーション識別子(GS1 AI)」と呼ばれる識別コードを付加することで、「GS1アプリケーション識別子」以降に続くデータが何を示しているか分かるようにしています

なお、「GS1アプリケーション識別子(AI)」は、GS1が標準化した「情報の種類」と「その情報のフォーマット(データの内容、桁数、使用可能な文字)」を表す「2桁から4桁」の数字です。

 

GS1標準データキャリアの種類

一次元シンボル

「GS1標準データキャリア」として定められている「一次元シンボル」を以下に示します。

 

データキャリアの名称 書き込む識別情報 主に表示されるもの
JAN(EAN/UPC)シンボル GTIN-13
GTIN-12
GTIN-8
消費者購入単位の商品
ITFシンボル GTIN-14
GTIN-13
GTIN-12
企業間取引単位の商品(段ボール等)
GS1-128シンボル GS1識別コードと属性情報 企業間取引単位の商品、通い容器、資産、文書等
GS1データバー
標準型/標準二層型
GTIN 消費者購入単位の商品
GS1データバー
拡張型/拡張多層型
GTINと属性情報 消費者購入単位の商品
GS1データバー
限定型/二層型
GTIN 医療用医薬品

 

二次元シンボル

「GS1標準データキャリア」として定められている「二次元シンボル」を以下に示します。

 

データキャリアの名称 書き込む識別情報 主に表示されるもの
GS1 データバー合成シンボル GTINと属性情報 医療用医薬品
GS1 データマトリックス GS1識別コードと属性情報 資産、通い容器、医療機器・材料、文書、モバイル等
GS1 QRコード GS1識別コードと属性情報 資産、通い容器、文書、モバイル等

 

電子タグ

「GS1標準データキャリア」として定められている「電子タグ」を以下に示します。

 

データキャリアの名称 書き込む識別情報 主に表示されるもの
EPCタグ GS1識別コードとシリアル番号
(と属性情報)
アパレル商品、通い容器等

 

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【令和2年度 第40問】

バーコードが普及し、その利便性が世界的に認識される一方で、商品コード以外にも表示文字やその種類を増やすことで、Webと連動した商品情報提供の実現などのニーズに対応するため、従来の1次元シンボルのJANコードに加えて2次元シンボルのGS1 QRコードが利用されている。

GS1 QRコードに関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

a GS1のデータキャリア標準として認められている2次元シンボルは、GS1 QRコードのみである。
b 1つのシンボルで比較すればGS1 QRコードの方がJANコードより情報量は大きいが、JANコードを複数表示することが可能であれば、GS1 QRコードと同様に商品情報サイトへの誘導も可能である。
c GS1 QRコードを活用すれば、同じブランドや同じメーカーのキャンペーンであっても、消費者を商品個別のサイトに誘導することが可能である。

 

[解答群]

ア a:正 b:正 c:正
イ a:正 b:正 c:誤
ウ a:正 b:誤 c:誤
エ a:誤 b:正 c:正
オ a:誤 b:誤 c:正

 

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

 

考え方と解答

「GS1標準データキャリア」に関する知識を問う問題です。

 

「データキャリア」とは、機械で読み取ることができる形式で表示したコードのことをいいます。

「データキャリア」には、商品などに印刷された情報をリーダーで読み取る「バーコード(一次元シンボル/二次元シンボル)」と、ICチップに書き込まれた情報を無線通信で読み取る「電子タグ(ICタグ/RFID)」があり、サプライチェーンの効率化を目的として「GS1」が標準化を進めています。

 

(a) 不適切です。

「GS1標準データキャリア」として定められている「二次元シンボル」を以下に示します。

 

データキャリアの名称 書き込む識別情報 主に表示されるもの
GS1 データバー合成シンボル GTINと属性情報 医療用医薬品
GS1 データマトリックス GS1識別コードと属性情報 資産、通い容器、医療機器・材料、文書、モバイル等
GS1 QRコード GS1識別コードと属性情報 資産、通い容器、文書、モバイル等

 

したがって、GS1のデータキャリア標準として認められている2次元シンボルは、「GS1 QRコード」だけでなく「GS1データマトリックス」や「GS1データバー合成シンボル」もあるため、選択肢の内容は不適切です

 

(b) 不適切です。

「JAN(EAN/UPC)シンボル」とは、商品のブランドを持つ事業者(商品の主体的な供給者)が、商品の消費者購入単位または最小取引単位に設定するコードであり、「どの事業者のどの商品か」を識別するために利用されるコードであるため、「JAN(EAN/UPC)シンボル」には「商品識別コード」である「GTIN-13」「GTIN-12」「GTIN-8」を書き込みます

一方、「GS1 QRコード」の用途は幅広く「GS1識別コード」「属性情報」を書き込むことができます。

 

  • GS1識別コード
    「GS1識別コード」には、「商品やサービス」を識別する「GTIN」、「企業や事業所」を識別する「GLN」、「通い箱/通い容器」を識別する「GRAI」など用途に応じた識別コードがあります。
  • 属性情報
    「属性情報」には、製造年月日、品質保持期限日、ロット番号、シリアル番号など商品やサービス等に関連する様々な情報が含まれます。

 

「商品情報サイト」に関する情報は属性情報に該当します。

「属性情報」を書き込むことができる「GS1 QRコード」の場合、「商品識別コードのAI(01)」と「エクステンドパッケージURLのAI(8200)」の情報を書き込めば、商品情報サイトに誘導することができますが、「JAN(EAN/UPC)シンボル」には属性情報を書き込むことができないため、商品情報サイトに誘導することができません

 

したがって、JANコードを複数表示できたとしても、GS1 QRコードのように商品情報サイトへ誘導することはできないため、選択肢の内容は不適切です

 

(c) 適切です。

「GS1 QRコード」の用途は幅広く「GS1識別コード」「属性情報」を書き込むことができます。

 

  • GS1識別コード
    「GS1識別コード」には、「商品やサービス」を識別する「GTIN」、「企業や事業所」を識別する「GLN」、「通い箱/通い容器」を識別する「GRAI」など用途に応じた識別コードがあります。
  • 属性情報
    「属性情報」には、製造年月日、品質保持期限日、ロット番号、シリアル番号など商品やサービス等に関連する様々な情報が含まれます。

 

「商品個別の情報サイト」に関する情報は属性情報に該当します。

「属性情報」を書き込むことができる「GS1 QRコード」の場合、「商品識別コードのAI(01)」と「エクステンドパッケージURLのAI(8200)」の情報を書き込めば、商品個別のサイトに誘導することができます

 

したがって、GS1 QRコードを活用すれば、同じブランドや同じメーカーのキャンペーンであっても、消費者を商品個別のサイトに誘導することが可能であるため、選択肢の内容は適切です

 

「a:誤 b:誤 c:正」であるため、答えは(オ)です。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました