運営管理 ~R1-7 需給計画(2)部品構成表~

シェアしてもらえたらうれしいです!

見出し


にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた方は、以下のボタンをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ


今回は、「運営管理 ~R1-7 需給計画(2)部品構成表~」について説明します。

運営管理 ~令和元年度一次試験問題一覧~

令和元年度の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

MRP(Material Requirements Planning)

「MRP」には、狭義の捉え方と広義の捉え方がありますので、それぞれについて以下に示します。

狭義のMRP

「MRP(狭義)」とは、「基準生産計画(MPS)」に基づき、各工程で必要となる部品・資材の総所要量を算出した後、部品・資材の在庫情報や調達リードタイムを考慮して、発注すべき資材の量と時期を決定していく仕組みのことをいいます。

「MRP(狭義)」では「基準生産計画(MPS)」に基づき「部品構成表」から各工程で必要な部品・資材の総所要量を算出するため、長期間に渡って同じ製品を生産する場合に有効な仕組みです。

広義のMRP

問題文の中で、「MRP」という言葉が「トヨタ生産方式」「製番管理方式」と比較される場合は「MRP(広義)」のことを指しています。

「MRP(広義)」とは、見込生産を行う製品の生産活動において適用される生産管理方式であり、生産統制機能を有する部署やシステムが、生産リードタイム・生産能力・在庫などを考慮して算出した「基準生産計画(MPS)」にしたがって、全工程に対して生産を指示することをいいます。

「MRP(広義)」は「プッシュシステム(押出方式)」と呼ばれる計画主導型の生産管理方式であり「トヨタ生産方式」とは真逆の発想による生産管理方式です。

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【令和元年度 第7問】

下図は、最終製品Aの部品構成表であり、( )内は親1個に対して必要な部品の個数である。製品Aを2個生産するとき、必要部品数量に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 部品cは12個必要である。
イ 部品dは36個必要である。
ウ 部品eは64個必要である。
エ 部品fは60個必要である。

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

考え方と解答

「MRP(狭義)」において「基準生産計画(MPS)」を作成するために必要な「部品構成表」に関する知識を問う問題ですが、問題文の条件を正確に読み取って計算することができば、確実に正解することができる問題です。

問題文で与えられた「部品構成表」を、部品別に色分けして見分けがつくようにします。
実際の試験で色分けは難しいとは思いますが、○△□などの記号で見分けがつくようにしておいた方がミスを防げるのではないかと思います。

必要部品数量の算出(製品Aを1個生産する場合)

製品Aを1個生産するために必要な部品の数量を算出します。

問題文で与えられた部品構成表では、親1個に対して必要な部品の数量が( )内に表記されていますが、( )内の数値を、製品Aを1個生産するために必要な部品の数量に修正します。

製品Aを1個生産するために必要な部品別の数量は以下の通りです。
「部品d」と「部品e」は複数の部品を生産するために使用されるため、漏れのないように加算する必要があります。

部品 必要数量
(製品1個当たり)
a 3個
b 2個
c 12個
d 6+6+36=48個
e 12+8+12=32個
f 8個

必要部品数量の算出(製品Aを2個生産する場合)

製品Aを1個生産するために必要な部品別の数量を2倍して、製品Aを2個生産するために必要な部品別の数量を算出します。

部品 必要数量
(製品1個当たり)
必要数量
(製品2個)
a 3個 6個
b 2個 4個
c 12個 24個
d 48個 96個
e 32個 64個
f 8個 16個

選択肢と照らし合わせると、以下の通りです。

選択肢 必要部品数量 正誤
部品cは12個必要である。 24個 ×
部品dは36個必要である。 96個 ×
部品eは64個必要である。 64個
部品fは60個必要である。 16個 ×

答えは(ウ)です。


シェアしてもらえたらうれしいです!