運営管理 ~R1-3 工場レイアウト(7)フロムツーチャート~

シェアしてもらえたらうれしいです!

見出し


にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた方は、以下のボタンをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ


今回は、「運営管理 ~R1-3 工場レイアウト(7)フロムツーチャート~」について説明します。

運営管理 ~令和元年度一次試験問題一覧~

令和元年度の試験問題に関する解説は、以下のページを参照してください。

SLP(Systematic Layout Planning)

「SLP(Systematic Layout Planning)」とは、米国のリチャード・ミューサーが提唱した工場レイアウトの計画策定に関する体系的な手順であり、製品の生産量、各工程に必要な面積、工程の相互関連性を分析して、工場レイアウトを決定していきます。

工場の生産性を高めるためには、設備・工具・人・資材といった生産に関わる要素(アクティビティ)のレイアウトが極めて重要であり、基本的にトータルの搬送距離が最短になるように工場レイアウトを計画していきます

生産する製品の種類、製品の生産量の増減、設備の更改といった環境の変化に伴い、最適な工場レイアウトも変化するため、定期的に確認する必要があります。

SLPによる計画策定手順

PQ分析

「PQ分析」とは、「製品(Product)」と「生産量(Quantity)」の関係をグラフで示し、製品の生産形態から、最適な工場レイアウトを決定する分析手法です。

横軸に「製品(Product)」を、縦軸に「生産量(Quantity)」を取り、生産量の多い製品を左から順に並べて作成します。

物の流れ分析

「物の流れ分析」では、生産工程を通じて「物」が迂回したり逆行することなく、効率的に流れていくための順序を決定する分析手法です。

「PQ分析」の区分ごとに使用される「物の流れ分析」手法が異なります。

生産形態 最適なレイアウト 物の流れ分析
少品種大量生産 製品別レイアウト 単純工程分析
中品種中量生産 グループ別レイアウト 多品種工程分析
(加工経路分析)
多品種少量生産 機能別レイアウト フロムツーチャート

フロムツーチャート(流出流入図表)

「フロムツーチャート(流出流入図表)」とは、「機能別レイアウト」を採用している工場において、物の流れを分析するために活用される手法であり、生産ラインの「前行程(From)」と「後工程(To)」の運搬回数を定量的に表わすことで、設備・工具・人・資材といった生産に関わる要素(アクティビティ)のレイアウトが効率的に配置されているかを明確にすることができます。

「フロムツーチャート(流出流入図表)」では、縦には上から順番に、横には左から順番に工程を表示していきます。

また、「正流」は斜線の右上側に「逆流」は斜線の左下側に表示します。

試験問題

それでは、実際の試験問題を解いてみます。

【令和元年度 第3問】

ある工場でA~Eの5台の機械間における運搬回数を分析した結果、次のフロムツウチャートが得られた。この表から読み取れる内容に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]

ア 機械Aから他の全ての機械に品物が移動している。
イ 逆流が一カ所発生している。
ウ 他の機械からの機械Bへの運搬回数は12である。
エ 最も運搬頻度が高いのは機械A・D間である。

中小企業診断協会Webサイト(https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/shikenmondai.html

考え方と解答

「SLP」の「物の流れ分析」において活用される「フロムツーチャート(流出流入図表)」に関する知識を問う問題です。

「フロムツーチャート(流出流入図表)」とは、「機能別レイアウト」を採用している工場において、物の流れを分析するために活用される手法であり、生産ラインの「前行程(From)」と「後工程(To)」の運搬回数を定量的に表わすことで、設備・工具・人・資材といった生産に関わる要素(アクティビティ)のレイアウトが効率的に配置されているかを明確にすることができます。

「フロムツーチャート(流出流入図表)」では、縦には上から順番に、横には左から順番に工程を表示していきます。

また、「正流」は斜線の右上側に「逆流」は斜線の左下側に表示します。

(ア) 不適切です。

問題文で与えられた「フロムツウチャート(フロムツーチャート)」では、「機械A」から「機械BCD」には品物が運搬されていますが「機械E」には品物が運搬されていないため、選択肢の内容は不適切です

(イ) 不適切です。

問題文で与えられた「フロムツウチャート(フロムツーチャート)」では、「機械D→A」と「機械E→B」の2カ所で逆流が発生しているため、選択肢の内容は不適切です

(ウ) 不適切です。

問題文で与えられた「フロムツウチャート(フロムツーチャート)」では、「機械A(12回)」と「機械E(27回)」から「機械B」に品物が運搬されており、その合計回数は「39回」であるため、選択肢の内容は不適切です

(エ) 適切です。

問題文で与えられた「フロムツウチャート(フロムツーチャート)」では、「機械A・D」間の運搬回数は「機械A→D(25回)」と「機械D→A(11回)」の「合計(36回)」であり、最も運搬頻度が高いため、選択肢の内容は適切です

ちなみに、2番目に運搬頻度が高いのは「機械B・E」間であり、その運搬回数は「機械B→E(4回)」と「機械E→B(27回)」の「合計(31回)」となっています。

答えは(エ)です。


シェアしてもらえたらうれしいです!