事例Ⅳ ~企業価値の記事一覧~

シェアしてもらえたらうれしいです!

見出し


にほんブログ村に参加しています。
記事の内容にご満足いただけた方は、以下のボタンをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ


中小企業診断士二次試験(事例Ⅳ)の「企業価値」に関する記事の一覧を以下に示します。

2018年6月25日 08:00現在

最新の記事一覧

本ページに記載している内容は「2018年6月25日」時点の情報です。
「企業価値」に関する最新の記事一覧につきましては、以下のページを参照してください。

企業価値

「企業価値」は「企業買収(M&A)」などのケースにおいて使用されます。

中小企業は、事業領域を拡大することを目的として企業を買収したり、後継者が不在の場合に企業を存続させるための手段として企業を売却します

当然ながら、買収する側の企業としては買収しようとする企業をできるだけ安く購入したいと考え、売却する側の企業としてはできるだけ企業を高く売りたいと考えて交渉を進めることとなります。

このように、買収する側の企業と売却する側の企業で思惑が異なり、独自の立場でその買収価格(売却価格)を話し合っても双方の合意には至らないため、根拠に基づく「企業価値」を算出して、「企業買収(M&A)」の買収価格(売却価格)を決定していきます。

二次試験において、「企業価値」に関する問題を解くために必要な知識として「企業価値の評価方法」「DCF法(割引キャッシュフロー法)」について説明しています。

ブログへの掲載記事

本ブログに掲載している「企業価値」に関する記事の対応表です。
「企業価値の説明」と「試験問題の解説」を行っています。

企業価値の説明

過去問題の解説


シェアしてもらえたらうれしいです!